平成20年10月8日 橋壁を解体中です(5)

橋壁の解体01

隙間に充填されたモルタルは容易に破断できましたが、破断面の凹凸によるかみ合わせにより、なかなか要石を外す事ができませんでした。このため、隙間のモルタルを少しづつ破砕し、やっと要石の撤去が完了しました。

橋壁の解体02

解体された輪石(2個)、モルタルが隅まで充填されていた事が分かります。

〒675-1380
兵庫県小野市王子町806-1
TEL: 0794-63-1000
FAX: 0794-63-2614