起工記念式典と平成17年度第8回総会を開催

いよいよ、工事が始まりました。

国道2号加古川バイパスの南側、別府川の東にある南北道路用地において、東播磨南北道路第1期整備区間の工事の着工を祝い起工記念式典を開催しました。
式典には、井戸敏三兵庫県知事外、地元選出の衆議院議員、県議会議員、国土交通省近畿地方整備局、また地元を代表して、東播磨南北道路第1期整備事業区間のルートが通る地区の町内会長、経済界代表4市2町の商工会議所(商工会)会頭(会長)等々多数の来賓を招き盛大に催されました。


起工式会場 会長 樽本加古川市長のあいさつ

式典会場のテント

開会のあいさつをする会長 樽本加古川市長

渡海衆議院議員のあいさつ 井上衆議院議員のあいさつ 国土交通省姫路河川国道事務所 若林所長のあいさつ

来賓を代表してあいさつをいただく。左から(渡海衆議院議員、井上衆議院議員、国土交通省近畿地方整備局長代理 姫路河川国道事務所 若林所長)


自作の詩を披露する井戸兵庫県知事

東播磨南北道路着工にちなんだ自作の詩を披露される井戸県知事。
(南北を結ぶ交流活発に 今日から起工 我等進めん)


閉会のあいさつをする副会長 蓬莱小野市長

鍬入れの瞬間

鍬入れ式で鍬を振る左から(会長 樽本加古川市長、釜谷兵庫県議会議員、井戸兵庫県知事、渡海衆議院議員、井上衆議院議員、国土交通省近畿地方整備局長代理 姫路河川国道事務所 若林所長、青木加古川町内会連合会会長、加古川商工会議所 西川会頭の順)


第8回総会を開催

平成17年6月4日(土曜日)に加古川市で開催されました。
起工式典終了後、東播磨南北道路建設促進期成同盟会の会員、幹事、顧問は起工式会場から1km離れた、東播磨南北道路のルートから200m程、南東にある、加古川市立陵南公民館の大ホールに直行し開かれました。
総会には同盟会の顧問に就任している、地元選出の県議会議員が参加されるなか、会員である、東播磨地域4市2町(加古川市、三木市、高砂市、小野市、稲美町、播磨町)の首長、議長が出席し、午前11時から始まり、平成17年度の事業方針を審議し全会一致で採択しました。
総会において承認された事業計画は、以下のとおりです。


平成17年度事業計画
1、 要望活動 地域高規格道路「東播磨南北道路」の早期整備を図るため、関係諸機関に対し、要望活動を行う。
(1) 国道2号加古川バイパスから、(仮称)第2ランプまで延長約5.2kmの事業促進
(2) (仮称)第2ランプから国道175号まで延長約7.3kmの調査促進
(3) 道路特定財源制度及び道路整備特別会計制度を堅持し、本事業に係る所要財源の確保・充実
2、 啓発活動 東播磨南北道路の早期整備の必要性について、地域住民の理解と協力を求める。
(1) 東播磨南北道路第1期整備事業の着工に併せ起工記念式典を実施
(2) 懸垂幕の掲示
(3) 同盟会ホームページの更新による広報活動の実施
3、 調査・研究 東播磨南北道路の整備促進に関する調査・研究を行う。

総会開会直前の歓談小野市、井上議長(左)、蓬莱市長(右)

三木市安福議長(左)加古市長(右)

高砂市の市長と議長

稲美町、木村議長(左)赤松町長(中央)

高砂市、加古議長(左)田村市長(右)

播磨町の助役と議長 加古川市の市長と議長

播磨町、山下議長(前列左)岩澤助役(前列右)

加古川市、神吉議長(左)樽本市長(右)

〒675-1380
兵庫県小野市王子町806-1
TEL: 0794-63-1000
FAX: 0794-63-2614